リクエスト小説 「疾風(はしれ)! メロスがこんなに変態王子で大勝利!」 ③

眼が覚めたのは翌る日の薄明の頃である。
メロス(賢者Lv100)は跳ね起きた。
南無三、寝過したか、いや、まだまだ大丈夫、これからすぐに出発すれば、約束の刻限までには十分間に合う。
今日は是非とも、あの王に、人の信実の存するところを見せてやろう。そうして笑って磔の台に上ってやる。
メロス(賢者Lv99)は、悠々とコレクションを紐で縛りゴミ捨ての準備をはじめた。
雨も上がり、神々しいまでの朝の気配に満ちている。
準備は出来た。さて、メロス(賢者Lv94)は、両腕に大き荷物を抱え、栗の花香る部屋より出発した。

私は、今宵、殺される。殺される為に走るのだ。身代りの友を救う為に走るのだ。王の奸佞(かんねい)邪智を打ち破る為に走るのだ。走らなければならぬ。そうして、私は殺される。
その前に、死んだ後に見られちゃイケナイ系のコレクションは、ちょっと離れたゴミ捨て場に放置しなければならない。
名誉を守らねばならない。
人気の無いゴミ集積所に、ドサりと荷物を下ろす。その中には、自作の漫画も含まれている。
離れ際、走馬灯のように「彼女」との思い出が脳裏をよぎる。
さらば、マイスウィートメモリー。若いメロス(賢者Lv85)は、つらかった。
幾度か、立ちどまりそうになった。
えい、えいと大声挙げて自身を叱りながら走った。

村を出て、野を横切り、森をくぐり抜け、隣村に着いた頃には、日は高く昇って、そろそろ暑くなって来た。
メロス(賢者Lv73)はバンダナの汗をこぶしで払い、ここまで来れば大丈夫、もはや「彼女」への未練は無い。きっと佳い人に拾われるだろう。オイラには、いま、なんの気がかりも無い筈だ。まっすぐに王城に行き着けば、それでよいのだ。そんなに急ぐ必要も無い。
ゆっくり歩こう、と持ちまえの呑気(のんき)さを取り返し、好きなアニソンをいい声で歌い出した。





ぶらぶら歩いて二里行き三里行き、そろそろ全里程の半ばに到達した頃、降って湧(わ)いた災難、メロス(賢者Lv69)の足は、はたと、とまった。
見よ、前方の川を。いつもは橋があるのも申し訳ない程度のゆる緩い水たまりのようだが、きのうの雨で膝くらいまでの水嵩になり、まるで天然のプールである。
上流に目をやれば、そこではキャッキャと幼子達が水遊びに興じているではないか。
流れとは上から下に行くものである。そこに留まりはせず、必ず上から下に行くものだ。
彼は茫然と、立ちすくんだ。あちこちと眺めまわし、また、声にならない声で呼びたててみたが、理性(けんじゃたいむ)は残らず浪(にくよく)に浚(さら)われて影なく、流れ(かいめんたい)はいよいよ、ふくれ上り、股間の前部分は海のようになっている。

メロス(ゲスLv74)は川岸にうずくまり、男泣きに泣きながらゼウスに手を挙げて哀願した。

「ああ、鎮(しず)めたまえ、荒れ狂う流れ(かいめんたい)を! 時は刻々に過ぎて行きます。太陽も既に真昼時です。あれが沈んでしまわぬうちに、王城に行き着くことが出来なかったら、あの佳い友達が、私のために死ぬのです。」

濁流(こかんのにくぼう)は、メロス(ゲスLv88)の叫びをせせら笑う如く、ますます激しく躍り狂う。浪(にくよく)は浪(せいよく)を呑み、捲き、煽(あお)り立て、そうして時は、刻一刻と消えて行く。

今はメロス(ゲスLv93)も覚悟した。泳ぎ切るより他に無い。ああ、神々も照覧あれ! 濁流にも負けぬ愛と誠の偉大な力を、いまこそ発揮して見せる。
メロス(ゲスLv130)は、ざんぶと川に飛び込み、百匹の大蛇のようにのた打ち荒れ狂う浪を相手に、必死の闘争を開始した。
満身の力を腕にこめて、押し寄せ渦巻き引きずる流れを、なんのこれしきと掻(か)きわけ掻きわけ、ガブガブと川の水を飲んだ。



押し寄せ渦巻き引きずる流れを、なんのこれしきと掻(か)きわけ掻きわけ、ガブガブと川の水を飲んだ。

押し寄せ渦巻き引きずる流れを、なんのこれしきと掻(か)きわけ掻きわけ、ガブガブと川の水を飲んだ。

押し寄せ渦巻き引きずる流れを、なんのこれしきと掻(か)きわけ掻きわけ、ガブガブと川の水を飲んだ。

押し寄せ渦巻き引きずる流れを、なんのこれしきと掻(か)きわけ掻きわけ、ガブガブと川の水を飲んだ。

押し寄せ渦巻き引きずる流れを、なんのこれしきと掻(か)きわけ掻きわけ、ガブガブと川の水を飲んだ。

押し寄せ渦巻き引きずる流れを、なんのこれしきと掻(か)きわけ掻きわけ、ガブガブと川の水を飲んだ。

押し寄せ渦巻き引きずる流れを、なんのこれしきと掻(か)きわけ掻きわけ、ガブガブと川の水を飲んだ。

押し寄せ渦巻き引きずる流れを、なんのこれしきと掻(か)きわけ掻きわけ、ガブガブと川の水を飲んだ。

押し寄せ渦巻き引きずる流れを、なんのこれしきと掻(か)きわけ掻きわけ、ガブガブと川の水を飲んだ。




めくらめっぽう獅子奮迅の人の子の姿には、その様子を見ていた幼子達の親も哀れと思ったか、ついに警察には通報せず子供達を川からあげると、そそくさとその場を去って行った。
ありがたい。
メロス(紳士Lv200)は馬のように大きな胴震いを一つして、すぐにまた先きを急いだ。

テーマ : 自作小説
ジャンル : 小説・文学

コメント

非公開コメント

イベント情報
【コミックマーケット95】

2018.12.29
西た22a『劇団茶羽根』でサークル参加予定です。


【おしらせ】
JOYSOUND|"ゴッド清洲"の曲一覧
2015.7~
ゴッド清洲(ex こっせつ汁)参加オリジナル曲のカラオケが『JOYSOUND MAX』および『JOYSOUND f1』にて配信中です。
カテゴリ
最新記事
プロフィール

チャバネゴキブリ

Author:チャバネゴキブリ
 
ウサギ / 行け!清洲昇吾 / うんこ太郎
チョコの人 / 鷹尾 / チャパ / リッキー
feat.非路行 & kata

以上7+2人の♂でお送りします

自己紹介→ 最初にお読みください
メールフォーム→ 『茶羽根ポスト』

カウンター
リンク
検索フォーム
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
  1. 無料アクセス解析