キネマ珍報 ~箱舟~

ども、鷹尾です。

最近の映画を見るペースに自分が心配になりますが、
リハビリだと割り切って治療と言う名の怠惰でゴザル。

つーことで、ライフ・オブ・パイです。

映像が綺麗ですね。
以外は特に何も無い映画。

漂流⇒トラと心を通わす⇒生還

以外の事は特になにも無い。
端々の映像が美麗なだけ。

「何故、トラと225日も生きることができたのか」

答えはラッキーだったから。
たまたまが浅海域を通ったし、たまたまトビウオの大群が現れたし、たまたまスコールが降ったし。

もちろんそこには生き抜くための知恵と努力があったのが、
映画の主人公がそうするのは必然なので割愛。

では何も無かったのか。
いや、ヤツがいた。

その名はママジ

主人公の父親の友人であり、名付け親であり、水泳の先生という設定。
一応の説明として、この叔父のスパルタ教育で水泳が得意となっていることが生存の鍵にもなっている。

このママジ、出番は序盤だけだが凄まじいインパクトである。
キッチリ7:3のインド顔に分厚い上半身と細い下半身。スーパー逆三角形!

のしのしと歩く姿はまるでCG。
こういう映画なので、CGであることを疑ってしまうような存在感。

こんな役者が身近に欲しいぜ!
と思わせてくれる。
しかし登場が数分なのが残念過ぎる。

うん、だから、メインの話は普通なんだって。

テーマ : 映画館で観た映画
ジャンル : 映画

コメント

非公開コメント

イベント情報
【コミックマーケット95】

2018.12.29
西た22a『劇団茶羽根』でサークル参加予定です。


【おしらせ】
JOYSOUND|"ゴッド清洲"の曲一覧
2015.7~
ゴッド清洲(ex こっせつ汁)参加オリジナル曲のカラオケが『JOYSOUND MAX』および『JOYSOUND f1』にて配信中です。
カテゴリ
最新記事
プロフィール

チャバネゴキブリ

Author:チャバネゴキブリ
 
ウサギ / 行け!清洲昇吾 / うんこ太郎
チョコの人 / 鷹尾 / チャパ / リッキー
feat.非路行 & kata

以上7+2人の♂でお送りします

自己紹介→ 最初にお読みください
メールフォーム→ 『茶羽根ポスト』

カウンター
リンク
検索フォーム
カレンダー
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
  1. 無料アクセス解析