クソアヌメハンターは見た! -2011夏-




ブラックホール・クソアヌメハンター星雲人こと、行け!清洲昇吾です。
豪雨じゃん!外出中止!
というわけで、人様の輝かしい作品をクソだのカスだの言う、大変失礼な何様コーナー『新作アニメ第一話一気見マラソン』を開催します。
そう、趣味趣向を全く考慮せずに、一作も漏らさず。
これぞ、この世の至宝・クソアヌメを探す旅。


いざやろうと思うと結構大変なんですよ!(おかねください。)



◇ 用語解説【クソアヌメ】とは

◇ 作品の感想に根ざした、評価の言葉。
◇ 「そこそこ面白そうだけどあんまり面白くないアニメ」郡の中で、特定の感情を生むものを言う。
◇ 『クソア“ヌメ”』という部分からも察せられる通り、「なんとなく“ヌメッ”とした感じ」である。
◇ 定義が非常に難しく、些細な感想の差異で『クソアニメ』『カスアニメ』『うんちあぬめ』等に変化する。
◇ 傾向としては、「設定はそこそこ面白そう」「物語もそこそこ面白くなりそう」「アニメーションの出来もそこそこ」というように、“可もなく不可もない感じ”で始まり、特に何もないまま終わるものが該当し易い。
◇ つまらなくはないが、特に何もないので、見ていると眠くなることが多い。
◇ この評価に至る流れを心理的に考察すると、「どうせ駄目だろうな」という思いが「やっぱり駄目だった」という結果を目の当たりにすることにより、「ガッカリ感による絶望」と「予想通り感による喜び」とがないまぜになって発生し、それら各感情の匙加減で『クソアヌメ』か否かが決まるのではないかと、研究者たちの間では議論が続いている。
◇ ハーレム系美少女・美男子ゲーム原作のTVアニメ化作品に多い。(例……祝福のカンパネラ)
◇ 類語として『モヤモヤ映画』が存在する。(『モヤモヤ映画』の例……アマルフィ)


※これは『レビュー』とか立派なモノではなく、人様の輝かしい作品に対してアホが偉そうに好き勝手言う『ダメな感想文コーナー』です。そういうのがニガテな方は読み飛ばしておくんなましよ。せっかく見たんだから、今期もくだらない感想文を垂れ流しますわよ!


というわけで、さっそく1作品ごとに第1話を見ていきましょう。
なんだかフラッシュアニメが多くなってきましたね。尺が短いのはいいことです!(マラソンする身にとっては)
29作品ありましたが、なんだか少ない気がするのはもはや病気……。
題名に公式HPをリンクしておきましたので、お好みでポチッと作品概要を確認しながらドウゾ!



BLADE ブレイド
 相変わらずマッドハウスのギトギト作画が光る、マーベル・シリーズ第4弾。
 OPが超カッコイイ。アクションもいい。
 この御時勢に大塚明夫が主役のアニメを見られるという時点で既に涎が止まらない。
 横浜埠頭のコンテナ置き場でバトルとか、21世紀とは思えない。涎!
 筆字演出『一の太刀 残月』で噴いた。ブレイドって日本で何か会得した設定だっけ?w
 1話を見た限り、4作品中ぶっちぎりでアレっだったのはウルヴァリンだけだったみたいですね。他はどれもイイ!

モンハン日記 ぎりぎりアイルー村G
 短編フラッシュアニメ。
 モンハンちうても2ndGを2時間いじったくらいの経験値しかないので、思い入れ補正が全く発生せず、なんともはや。
 アイルーが好きな人はソコソコ楽しめるんじゃないでしょうか。
 小林ゆうガンバレ!

ロウきゅーぶ!
 鷹尾から会うたびに「ペドは見るべき」と念を押された、不思議な境遇のアニメ。何故ボクに言うの?
 初っ端から「わー」と思ってOPクレジット見たら草川啓造監督とのことで、恒例のしょっぱいフォントを期待したら、サブタイトルがいきなりしょっぱかった。
 登場人物の動機の謎などを引っ張るつくりが良く出来ていて、見るモチベーションは保てそう。
 もちっとキリが良いところまで1話に詰め込んでほしかったけど。
 確かにペドは見るべき。ペドはな。

Peeping Life ~The Perfect Evolution~ ベスト・ナウ
 短編3Dアニメ。特集放送だったみたい。
 登場人物のしょーもないやり取りを覗き見るという趣旨の、アドリブ私生活コント。
 バカップルが面白くて噴いた。やはり鉄板ですね、バカップルネタは。w
 役者のアドリブ性を重視しているため「作られてる感」がなく、この手の3Dアニメの中では珍しく面白い。

カルルとふしぎな塔
 短編3Dアニメ。初放送は去年みたい。
 カメラの動きが難アリだけれど、キャラクターの動き自体は魅力的。
 主役が第1話でちゃんと活躍することに感動してしまった。嗚呼、そんな悲しい現代物語事情よ……。
 なかなかもって癒し系。

神様のメモ帳
 いきなり1時間枠でビックリ。探偵モノなので、確かに事件解決まで見せないと面白さが伝わらないのかも知れない。
 逆に言うと、そこまで見ないと面白いかどうか判断つかないくらい、普通。
 『神様のメモ帳』とかどうとでもとれる題名じゃなくて、素直に『ニート探偵アリス』の方がみんな見るんじゃ……?
 もちろんステレオタイプなアニメキャラに落とし込んだニートたちの描写でイラつく。ニート舐めんな。
 EDがなぜかMR.BIG。

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVE1000%
 のっけから唖然。
 このヒロインがレイプ目なのは、回想シーンだったからじゃなくてデフォルトなの!?そういうキャラデザなの!!?
 若本規夫の間がもたないという、異常な演出センスに閉口。こ、コレは……!
 作画めっちゃ綺麗なのに、BGMのセンスも外しまくり、全体的に何となく90年代の香りがするキラキラアニメ。
 コレはヤバい!

セイクリッドセブン
 怪獣アリ、怪人アリ、アクションもあっぱれなヒーローモノ。設定もワクワクできそう。
 しかしながらメイド隊の存在など、クソアヌメに転がりそうな雰囲気も発しているので、しばらく静観する必要がある。
 佐橋俊彦のヒーロー音楽が炸裂。
 大川透がどんどん色モノに……!

ぬらりひょんの孫 ~千年魔京~
 第2期。第1話は過去編。
 相変わらず、もっとアクション見たいのになぁな作り。
 せっかく盛り上がっても、これでは発散できない。
 あと、女の人が好きそう。

異国迷路のクロワーゼ
 ヨーロッパが舞台で、えらく雰囲気が良いアニメ。イイネ!
 和服ロンリーコングアニメかしらと思っていたら、思ってた以上にガチでヤバい。
 時間帯の割に性的アピール演出がない。人間関係も父性とかでオブラートに包まない。これはヤバい。逆に。
 土日曜の朝に放送の作品でコレなら、「ああ、子供に向けて作ってるんだな」って思えるけど。
 これはガチ!

夏目友人帳 参
 また妖怪アニメかよ!第3期だそうです。
 モノローグが多過ぎるけど、雰囲気が勝ってるのでまぁ許せる。
 イイハナシダナー。ほんわかした作品です。
 あと、女の人が好きそう。

快盗天使ツインエンジェル キュンキュン☆ときめきパラダイス!!
 パチンコ原作枠。
 この題名センス、思わず視聴に力が入る。
 2004~6年くらいに作られたかのような空気感がたまらない。
 (と思ったら原作のパチスロ機は本当に2006年製らしい。さすがボクちゃん!)
 内容は手堅いつくりで、今後どう転ぶかが見もの。
 マスコットキャラが絶妙にうざい。檜山キャラの歯がいちいち光る。
 というか、 田 村 ゆ か り 先 生 御 降 臨 !

ゆるゆり
 時間を失う修業アニメ。
 「ああ、“けいおん”って、アレでもまだ面白かったんだなぁ……」とか思った。
 品質自体はとても高いので、こういう趣向の人は楽しめると思います!

神様ドォルズ
 1カット目からロボ登場で、視聴確定。
 そしてOPが石川智晶でいきなり精神的にクる。
 岸誠二監督は『Angel Beats!』が近年稀に見るレベルで酷かったものの、こちらは打って変わってメチャクチャちゃんとしてます。
 というかメチャクチャ面白い。今期のソウルフルアニメの可能性高し。
 あ~もう!早く告っちゃえよ!!

森田さんは無口。
 5分枠の短編シリーズ。
 無口とはいえ、心の声がしゃべるぞ!
 おなじみの日常系とはいえ、“主人公が無口”という、アニメとしてはトリッキーな設定をちゃんと生かしているので、実は見応えがある。

にゃんぱいあ The Animation
 ゴンゾ復活!待ってました!……フラッシュアニメだけど。
 にゃんぱいあがカワイイので和む。
 猫を助けるために猫をヴァンパイア化するという超発想をやってのけたヴァンパイアの人生が気になる。
 EDは実写だから注意だ!

うさぎドロップ
 父性をテーマにした、清く正しい、ちゃんとしたロンリーコングアニメ。
 辛い設定を、ほのぼのした雰囲気でふんわり表現していて好感が持てる。
 子育てって大変だよなぁ……。
 主人公の声がカクレンジャーのニンジャブルー&スカルマンで、びっくり!

NO.6
 “導入だけ面白そう”でお馴染みのボンズの新作。
 しかし、第1話から中だるみ。第1話なのに。これはヤバい。
 銃撃シーンで始まっときながら、以降は身の上話だけで何もないまま終わるズッコケ構成。
 これはさすがにマズいよボンズ……。

THE IDOLM@STER
 キャラ紹介をドキュメンタリー演出でやるといった「てい」なのだが、度々第三者の視点が出てくるという非徹底っぷりで、意図が分からない。
 そんな半端なドキュメンタリー演出に固執した結果か、第1話がキャラ紹介だけで終わってしまったので、今後の物語の主軸が不明でなんともはや。
 2話に期待しろという方が無理。ああ、もともとファンの人なら、これでも見るモチベーションあるのかしらね。
 ロボまだー?

BLOOD-C
 とりあえずOPで、眼鏡ドジっ子巫女が制服で刀をブンブン振り回す血まみれアニメってことが分かった。
 ボケボケ主人公が登校時に歌を歌い始め、三番に突入し始めた時にはどうしようかと思った。
 バトルシーンがとっても面白い。素晴らしい!
 この制服ってやっぱり、デブだろうと何だろうと、みんな鎖ついてるのかしら……?ゴクリ

まよチキ!
 面白い変態アニメ。
 予想に反して面白いぞざわっ……!っと思ったら川口敬一郎監督。
 クソアヌメハンター的な意味で残念過ぎる。じゃあ面白いよこのアニメ!クスン
 クソアヌメハンターと川口敬一郎監督は敵対関係にあるのだ!
 『釣りキチ三平』をいま美少女アニメにしたら『つりキチ!』だよね。異論はないはず。

輪るピングドラム
 ちょっとボクが嫌いな演出方針すぎるので、ボクには無理だなって思った。
 まぁこういうのが好きな層もいるのでしょうケド。
 とりあえず第一話を見る限りは、シスターコングアニメらしい。
 それよりも何よりも、声優へたくそだなー。

バカとテストと召喚獣にっ!
 第2期。第1期は戦闘場面がつまらな過ぎて1話で切った気がする。
 で、2期とはいえ1話からいきなり海水浴でキャッキャウフフ話かよ!
 ヒロイン連中ほっといてナンパし続けるという展開はなかなかいい変化球だった。
 「~なのじゃ」語尾、まじうぜえええええ!
 戦闘シーンねええええええ!!!(知ってた)

いつか天魔の黒ウサギ
 割とバイオレンス。そういえば毎クール必ずチョンパアニメありますね。よきかなよきかな。
 ロンリーコング向けでもあり、小エロもあるアニメ。そのパンテ~ラに意味はあるのかい?
 いやー、幼少期契約して、その後、互いに美男美女に成長できてヨカッタネ宇宙!
 髪の毛のハイライト処理がカットの雰囲気に合わせて動き続けるってのが面白かった。

猫神やおよろず
 監督:桜井弘明、脚本:待田堂子、キャラクターデザイン・作画監督:渡辺敦子が、それぞれぴったしハマってる。
 (GAは辛くて1話でギブってしもたけど。)
 素晴らしい安定感。ほのぼの貧乏ギャグが面白い。

R-15
 ガチャガチャと楽しいけれど、物語の主軸が見えず何も判断できなかった。
 2話以降はきっと普通に面白いんだろう。
 見る前はてっきり、ポルノ小説書いてる主人公が女の子(クラリネットの)だと思ってたので、意外と普通の設定でびっくりした。
 文才を発揮して女の子の悩みを解決していく感じの話なんでしょうかね?『神のみぞ知るセカイ』みたいな。

魔乳秘剣帖
 ナレーション大川透かよ!ボクのコンボイと力丸に何てことを言わせるんだ!
 聖痕のクェイサー江戸時代編? とか思ってたら、ほんとに聖痕のクェイサー江戸時代編だった。
 監督まで同じだった。
 同じく規制の嵐で、もはやテレビでやる意味あるのかコレという感じでござる。
 あまりにしょうもなかったので、視聴後、脳の稼動を停止させて寝た。

ダンタリアンの書架
 ドラゴン出てきたから良いアニメ!
 何たらのインデックスがちゃんと役立ってる感じのヒロインな感じ。
 とはいえ、そんなアクション場面の選曲がかなり疑問。
 第2話次第ではなんだか面白そうな感じでした。
 EDが実写なので注意だ!

こぴはん
 短編枠のシリーズ。ゴンゾ、怒涛の新作ラッシュ!
 無駄なパンテ~ラ、グダグダ漫才&展開など、まさにゴンゾ!
 第1話ではどんな話の作品なのか全く分からないぞ!
 かなり期待!(ゴンゾ的な意味で)



ながながとお付き合いいただきありがとうございました。
さて、2011年夏アニメ第1話時点でのクソアヌメハンター的な結果発表です!
クールを跨いでいる作品も含めて見てみましょう!


(注)あくまで第1話時点のものです。
  クソアヌメか否かは非常に繊細な評価が要求され、
  2話以降で大きく変動する可能性がおおいにあります!


◆クソアヌメどうこうじゃなくて、普通に、見なきゃ死ぬ枠
 『神様ドォルズ』 ツボだらけ。

 『へうげもの』 ビバ・おっさんの顔芸。
 『逆境無頼カイジ 破戒録篇』 あおり演出すげー!顔芸。
 『トリコ』 普通にオモロイ。顔芸。
 『Suzy's Zoo だいすき!ウィッツィー』 なんて癒し系なんだ……。
 『のりのり♪のりスタ』 お気に入りの「きょうのおねがい」コーナーが、「もんち」とかいうヤツに乗っ取られたんだけど……?

◆怪獣やロボ、特殊アクションあるから見とく枠
 『BLOOD-C』 こいつぁCOOL!
 『BLADE ブレイド』 ギトギトしてる。
 『CARD FIGHT!!ヴァンガード』 ユルいけど結構おもしろい。
 『TIGER & BUNNY』 カス。

◆クソアヌメ枠・次点
 『セイクリッドセブン』 ハンターの危機センサーが反応しているので、きっと。
 『いつか天魔の黒ウサギ』 今のところ、うんちあぬめと紙一重だけど。
 『ダンタリアンの書架』 そのうち、きっと。そんな香りがする。

◆クソアヌメ枠
 『うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVE1000%』 コレはヤバイ!

 今期は他に対抗できる候補がいません。ぶっちぎり!


クソアヌメハンター的にはオイシイ作品が少なくて、ちょっと寂しい夏のハンティングマラソンでした。
秋に期待!

……ありゃ? もしかして、ここ1年のアニメの第1話、全部見たことに……!?
あの、アニメに無頓着だったボクが……。遠い目

クソアヌメハンターの狩猟の旅は、つづく!

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

イベント情報
【コミックマーケット95】

2018.12.29
西た22a『劇団茶羽根』でサークル参加予定です。


【おしらせ】
JOYSOUND|"ゴッド清洲"の曲一覧
2015.7~
ゴッド清洲(ex こっせつ汁)参加オリジナル曲のカラオケが『JOYSOUND MAX』および『JOYSOUND f1』にて配信中です。
カテゴリ
最新記事
プロフィール

チャバネゴキブリ

Author:チャバネゴキブリ
 
ウサギ / 行け!清洲昇吾 / うんこ太郎
チョコの人 / 鷹尾 / チャパ / リッキー
feat.非路行 & kata

以上7+2人の♂でお送りします

自己紹介→ 最初にお読みください
メールフォーム→ 『茶羽根ポスト』

カウンター
リンク
検索フォーム
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
  1. 無料アクセス解析