小倉唯先生のサイン会に行きたすぎて運転免許をとった話。その3

<ここまでのあらすじ>

行け!清洲昇吾は「邪神ガタノゾーア(小倉唯先生)のサイン会へ行くためには、運転免許(ただし小型特殊自動車免許)をとるしかない」と覚悟を決め、最弱レア免許試験に挑む!

これは「顔写真付き身分証を最短で手に入れる方法」体験記である。

  → [その1]
  → [その2]


  



 ちょっと早めに着いて、時間までベンチで道路標識一覧でも眺めようかなと思いつつ免許センターに到着するやいなや、「急いでください!」と係の人。
 千葉時間に支配された生活を送っていると、世間とのこういうギャップにたびたび直面するので、注意だ。
 また、急いで受験用の書類やらなにやらを書くと、本籍の欄に『日本』と記入して「そういうことじゃないです」と係の人に言われてしまうので、千葉県民は特に注意したい。
 用意していた証明写真を貼り込んでもらい、提出。当日焦らないため、前日に証明写真を撮っておいて正解だった。千葉県民は優秀なのである。


 かくして試験会場入りである。
 平日とはいえ、会場には僕と、もう一人だけであった。
 ちなみにそのもう一人は原付とのことなので、小特は僕一人。
 試験官は、僕の入場時に原付用の説明をしてしまい、後で訂正を伝えてきたり、「小特……」とつぶやきつつ小特用の問題冊子がコレで合っているのかを確認していた。
 噂通りのレア免許っぷりである。
 ドキドキする。


 机に座ると、受験資格があるかどうかの確認用署名用紙が1枚あった。
 会場によるかもしれないが、筆記用具は会場側から支給された鉛筆と消しゴムを使用する。
 署名をして、待つ。
 ひたすら待つ。
 さっき係の人から「急いでください!」と言われたのは何だったのか?
 待つ。
 20~30分待ったところで、ようやく試験官が問題用紙と解答用紙を配り始めた。
 続いて試験官がラジカセを取り出し、注意事項の録音音声を再生すると、先ほど記入した署名の説明が始まった。
 あれは待ち時間に書くものではなかったらしい。え、ええ……? なんか、すいません……。
 問題用紙は延々と使い回すため、書き込んだり、雑に扱わないように、とのこと。
 メモをする際は、マークシート解答用紙に設けられたメモ欄を使うように(得点に影響しない)と。
 ほ、ほぅ……。
 腕時計や携帯電話を身体から離した状態にして、さぁ、ついに試験開始だ。



 試験時間は30分。
 マークシート方式の〇×問題で、1点問題が46問 + 2点問題(小問3つ全正解のみ加点)が2問。
 勉強した設問がそのまま出てくることはあまり無かったが、常識的なことが頭に入っていれば、基本的にはスルスルと答えられる。
 が、ところどころに「そんなん、時と場合によるだろ!」「この設問、例外多すぎない?」という印象の、例の意地の悪い問題文が出てくるのだ。
 マークシートに記入する行為も十数年ぶりなので、「こ、こんくらいはハミ出してもよかったっけ……?」と、書いては消し、つい時間がかかってしまう。
 こうなってくると時間があるようで無いので、意地の悪い問題はとりあえず解答欄ずれ予防のために答えを埋めておき、残り時間で再確認するために、問題の番号をメモ欄にメモっておく。
 合格ラインが正答率9割ともなると、そこそこ焦ってくる。
 半端にしか確認してなかった道路標示が問題に出てきて「しまった!」と思いつつも、何とかひと通り回答。
 続いて、メモった番号の問題を落ち着いてよくよく再確認すると、やはり問題文の解釈を間違えていたようで、いくつも答えを変更した。
 結局、残り時間いっぱいまで使うことで、今の自分ができる悔いのない答案用紙をつくることができた。

 試験終了。

 これで駄目なら仕方がない。
 明日、再試験だ。



 合格者発表は通常、電光掲示板に表示されるそうだが、今日は受験者が二人なので、口頭で読み上げるとのこと。
 な、なんだか余計に緊張する……!
 トイレへ行ったり、ウロウロしたり、キョロキョロしたりと、たいへんソワソワしながら結果発表の時を待つ。
 嗚呼、子供が産まれるときの父親の心境って、こんな感じなのかもしれない。(違う)

 「清洲さんですか?」
 ついに、担当者がやってきた。

 さぁ……緊張の瞬か「合格なので、適正検査を行います」。
 テレビ番組のように緊張感を煽る間もなく、速攻で合格が告げられた。

 もう、ウキウキである。
 ポジティブな心情はすぐ顔に出るタイプなので、たぶん年甲斐もなくすごく気持ち悪い顔をしていたと思う。



 ルンルンと部屋を移動し、適正検査に移る。
 この検査は、視力と色覚特性を簡単に確認する、なんて事はない検査である。
 ビビる必要は全くない。

 ……メガネの度が合っていれば……ね。

 昨夏から延々とPC仕事で引きこもっていた僕は、すっかり視力低下が進んでしまっていた。
 乱視もあり、今やこのメガネでは、映画館に行ってもスクリーンが見づらいレベルなのだ。
 「視力0.1以下なので、メガネを外すと何も見えません」と担当者へ伝えつつ、内心「ヤバい……ヤバいぞ……」と、ビックビクである。

 「左」
 いけない! 初手から割とヤバい!
 「下」
 今答えたのがギリギリだ!
 「……右」
 その下の段は本当にもう判別不能だ! やめてくれ! 頼む! 南無三……!!
 

 「はい、以上です」


 イヤッホーーーーーーーウ!!!!


 最後の関門を突破した僕は心の中で、ウルトラマンが勝利した時のイデ隊員のごとく、飛び跳ねて喜んだ。
 あくまで心の中でだ。
 全身で表現したら、僕はイデ隊員じゃないので、大変なことになってしまう。
 顔には気持ち悪い感じで出ていたかもしれない。



 ついに、ついに、夢にまで見た、不眠症にまでなった、「顔写真付き身分証」作成の時である。
 窓口へ書類を提出し、免許証用の証明写真を新たに撮影する。(免許センターによります。)


 ……え?
 この場で新しいの撮るの?
 昨日800円かけて撮ったやつは?
 完全に油断してて、ヒゲ剃ってきてないんだけど……?

 パシャリ。



 かくして、行け!清洲昇吾は、午前中……そう、「しょうご」の正午になる前に、
 運転免許証(ただし小型特殊自動車免許)をGETしたのである!



 DSC_2831_re_s.jpg
  ※世を忍ぶ仮の姿のプライバシーを守るため、画像の一部を恐怖の正体の情報に差し替えております。

 DSC_2831_re_kotoku.jpg
  これが、激レア最弱の証!



 喜びのあまり、「『虎の穴』お問い合わせフォーム」の担当の方へ「免許取れました!」と、ご報告メールを送ってしまったことは、言うまでもありません。


 さあ、いざ行かん!
 「『小倉唯パーソナルブック yui-itsu』発売記念イベント 小倉唯サイン会」!!




  → [その4]へ、つづく!

[Twitter]

テーマ : 女子力アップ
ジャンル : ライフ

コメント

非公開コメント

イベント情報
【コミックマーケット95】

2018.12.29
西た22a『劇団茶羽根』でサークル参加予定です。


【おしらせ】
JOYSOUND|"ゴッド清洲"の曲一覧
2015.7~
ゴッド清洲(ex こっせつ汁)参加オリジナル曲のカラオケが『JOYSOUND MAX』および『JOYSOUND f1』にて配信中です。
カテゴリ
最新記事
プロフィール

チャバネゴキブリ

Author:チャバネゴキブリ
 
ウサギ / 行け!清洲昇吾 / うんこ太郎
チョコの人 / 鷹尾 / チャパ / リッキー
feat.非路行 & kata

以上7+2人の♂でお送りします

自己紹介→ 最初にお読みください
メールフォーム→ 『茶羽根ポスト』

カウンター
リンク
検索フォーム
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイブ
  1. 無料アクセス解析