鈴木このみ『Love is MY RAIL』。

  行け!清洲昇吾です。


  

   鈴木このみ『Love is MY RAIL』
   自分のカラオケでも、つい高頻度で選曲してしまう、名曲。



 鈴木このみ先生が、10/9のライブの終盤に、のどの手術に伴う休養を報告されました。
 しっかり時間を割いて、言葉を選びながら、丁寧に、丁寧に。
 その流れから、ラストの『Love is MY RAIL』。
 会場で聞きながら僕は、深く納得して、号泣ヘドバンをし続けたのでありました(2階席で)。


 この曲は個人的にも救いの曲でして。


 4~5年前。
 心の師匠が旅立ってしまい、大切にしたかった仕事でも大失敗。
 それまで何度挫折しても何となく感じることができていた「道」が見えなくなりました。
 「それでもやるんだ!」と、ギリッギリの中でもがいていた頃。

 そんな状況の中、立て続けに、
 仕事相手からの裏切り、
 自主制作上のパートナーからの裏切り、
 友人からの裏切り、
 etc……。
 おかげで少ない貯金もスッカラカン。

 自分を形作っていたものの「全て」が短期間で一気にへし折られ、鬱を通り越して、人間不信に叩き落とされました。
 自分という人間はここで一度、ゲームオーバーしました。
 (これまでに何度もゲームオーバーしてますがw、これは精神的にも終了して全くリスタートできないやつです。)

 「僕はきっとこのまま、いいようにコキ使われ続けて、ボロ雑巾のように捨てられて一生を終えるんだろうなぁ……」
と思っていたのを、ハッキリ覚えています。

 小倉唯先生のリリイベでは、せっかくの小倉唯先生との直接トークタイムで自分の心境を吐露してしまい、心配されてしまう始末。
 本当に自分ではどうにもできないくらい、ポッキリと折れてしまっていたんだと思います。



 「夢っていうのは、呪いと同じなんだよ」

 『仮面ライダ―555』第8話における敵側のセリフが、深く染み入っておりました。



 そんなタイミングで発売された、鈴木このみ先生の『Love is MY RAIL』。
 ぜひ歌詞を読んでみていただきたいのですが、もう、ね……。

 特に、

♪ 夢があって それだけで 生きて行けると
 思いたいんだ 信じたいんだ Oh MY RAIL!
 ああ… ただ ひた すら 信 じて いたい ♪




 歌は表現ですから、100人いれば100通りの受け止め方があって、色んな解釈があってどれも正解だと思うわけですけれども、個人的にはまさに、「夢に裏切られて負け、呪いと化し、それでも立ち上がろうとする人の、祈りにも似た叫び」に聞こえたわけです。

 そして、鈴木このみ先生の歌唱。
 そういう状況に近い何かに陥ったことがある人じゃないと、こんな表現はできません。
 鈴木このみ先生も、とてつもない何かを乗り越えようとしている……!(妄想)

 涙があふれました。
 「ですよね!(妄想)」と、深く深く思いました。
 さっそくカラオケに行って歌いまくりましたけど、何度歌ってもやっぱりここで涙が出てしまいました。



 この時期に僕は、お世話になっている方々のご厚意で『行け!般若マン』を上映させていただいたことがありました。
 まさかの会場からの好評を受けて、僕の目はウルウルしていたらしいのですが、それはきっと、「信じていたかったけれど、見えなくなった己の道」を、照らしていただいたことで「やはり、道には違いない」と認識できたからだと思います。

 その後も紆余曲折ありまくりで挫折自体はし続けているわけですがw、あの時期になんとか踏ん張り続けることができて、こうして呑気にあの頃を回想した文章を書けるのは、あんな状況でも僕に声をかけてくださった方々がいたことと、あのタイミングで鈴木このみ先生が『Love is MY RAIL』を歌ってくれたからであって。

 「ただひたすら信じていたい」と叫ぶあの姿は、裏切られて己の道を見失い、人間不信に追い込まれた自分にとって、まさに救いだったのです。



 今回のライブの終盤で、鈴木このみ先生が発表された喉の症状。
 もしかしたら手術後、声が変わってしまうかもしれない。
 それはご本人にとって、とんでもない恐怖だろうと思います。

 このタイミングでの「シングルコレクション」という特別なベスト盤的ライブ。
 加えて、初の一般販売用BDの収録。
 ライブの途中まで「何故だろう?」と思っていましたが、納得がいきました。
 今を残しておきたいですよね。絶対に。(妄想)

 不調は4年くらい前からとのことですが、まさに『Love is MY RAIL』辺りから歌唱法が少しずつ変化していったのを、その後の楽曲からも、ライブパフォーマンスからも感じていました。
 この夏に発表された最新曲のひとつ『Realize』では、「あれ?」と思うほどに。
 加齢による良い意味での変化・新しい武器……『Love is MY RAIL』の歌詞で言うところの「進化なんだと」、ポジティブに受け止めておりましたので、発表はとても驚きました。
 驚いたとともに、色んな違和感に対して深く納得し、ラストの曲として歌われる『Love is MY RAIL』に込められた思い(妄想)に涙を流しながら、ヘドバンし続けたのでありました(2階席で)。

 全てを歌い切り、元気いっぱいの挨拶をしながら手を振る鈴木このみ先生に、涙をたたえつつ拍手を送る我々。
 そして最後の最後に、

 「来年1月のライブで復帰します!」(つまり休養はたった2ヶ月)
と発表してくる辺り、さすが鈴木このみ先生、斜め上をいくぜ……!


 もっと休んで!w

 そして、おいどんの涙を返して!w

 ……いやまぁ、どっちかというと、涙をありがとう! 滅茶苦茶エモかったのは確か!w


 きっと、なんだかんだ言って鈴木このみ先生は、仮に声が変化したとしても、むしろそれを武器のレベルに仕上げ、『Love is MY RAIL』の歌詞で言うところの「進化」した姿で立ち上がるだろうと思います。
 ファンである我々は、いつまでもいつまでも鈴木このみ先生の歌声を聞いていたいので、また楽しく歌えるよう、2ヶ月と言わず、ゆっくりじっくり休んでいただきたいと、切に願うばかりであります。


121096775_3320396284746968_3886196869905616740_o.jpg





 ……あと、こんだけ長々と書いといて、まったくの見当違いだったらゴメーンネ✨w





P.S.

 最近は僕も素人ながら歌唱法を微妙に変化(『Love is MY RAIL』の歌詞で言うところの「進化」)させていて。
 数年前から目標が「還暦ヘビーメタルシャウトをキメる」になったのでw、刹那主義的なパフォーマンスは若干控えめにしていたりします。
 僕はプロじゃないゆえ、好きな時に好きなだけ休めるので、その辺は素人で良かったなぁと思います。
 例えば、マイケル・キスクが今でもあんなに抜群のハイトーンを出せるのは、絶頂期に突然引退状態になってそのまま今に至る、というのも大きいと思うんですよ。

 つまるところ、そういうこと。

 ……どういうこと?

 ボーカルも適度に休もうぜってこと? かな?



 WEB ROCK!!



[Twitter]

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

イベント情報
【コミックマーケット95】

2018.12.29
西た22a『劇団茶羽根』でサークル参加予定です。


【おしらせ】
JOYSOUND|"ゴッド清洲"の曲一覧
2015.7~
ゴッド清洲(ex こっせつ汁)参加オリジナル曲のカラオケが『JOYSOUND MAX』および『JOYSOUND f1』にて配信中です。
カテゴリ
最新記事
プロフィール

チャバネゴキブリ

Author:チャバネゴキブリ
 
ウサギ / 行け!清洲昇吾 / うんこ太郎
チョコの人 / 鷹尾 / チャパ / リッキー
feat.非路行 & kata

以上7+2人の♂でお送りします

自己紹介→ 最初にお読みください
メールフォーム→ 『茶羽根ポスト』

カウンター
リンク
検索フォーム
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
  1. 無料アクセス解析