ソーシャルゲームの話 2

ども、鷹尾です。

否定してばかりでもなんなので、新しいビジネスモデルを考えてみます。

例えば、デパート・スーパー・小売店とのタイアップ。
最近は主婦層にもスマホの普及が進んでいるので、ここをメインターゲットに。

・タイムセール中に店内LANの範囲にいると、レアアイテムをプレゼント

・毎日のイベントをクリアすると、翌日特定商品の割引特典

・PB商品のQRコードをスキャンすると、商品モチーフのカードをプレゼント

・位置情報による店舗スタンプラリーを実施し、制覇すると超レアアイテムプレゼント


方向性としては、
プレイする=割引特典のお得感
から導入率を高め、それ以外は普通のソーシャルゲーなので、
うっかりハマった主婦から料金をせしめる事が可能。
空き時間のある主婦の暇潰しとして普及すればなお良し。
18未満の課金制限に引っかかる事も無く、家庭崩壊してもそしらぬ顔。


食の分野では?


牛丼三国志

吉野家
松屋
すき屋


がそれぞれの覇権を賭けて争う。
プレイヤーはどれか1チェーンを選択し、ゲームをスタート。
後は他のと大体一緒。
特典として、特定チェーンの様々な割引やサービスが受けられる。
企業側のプライドとして負けられないので、宣伝広告費として莫大な予算が得られる可能性がある。
弱点として、デフレ飯を食う人がゲームに金を落とすかというと、落とさないに決まっている。
あくまで無料路線を拡充し、広告媒体としての利用方法の実験になる。


つまり言いたいのは、既に同様なソーシャルゲームは氾濫しているので、
広告媒体としての利用に繋げる道はないだろうか、ということ。
既に十分に利益は出ているだろうと思うし、自由な開発力を削ぐことに繋がるので敬遠されていると思うが、
新規層を開拓するには良い手段だと思うのだが…。


ふぅ、真面目な話は3分が限界。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

イベント情報
【コミックマーケット95】

2018.12.29
西た22a『劇団茶羽根』でサークル参加予定です。


【おしらせ】
JOYSOUND|"ゴッド清洲"の曲一覧
2015.7~
ゴッド清洲(ex こっせつ汁)参加オリジナル曲のカラオケが『JOYSOUND MAX』および『JOYSOUND f1』にて配信中です。
カテゴリ
最新記事
プロフィール

チャバネゴキブリ

Author:チャバネゴキブリ
 
ウサギ / 行け!清洲昇吾 / うんこ太郎
チョコの人 / 鷹尾 / チャパ / リッキー
feat.非路行 & kata

以上7+2人の♂でお送りします

自己紹介→ 最初にお読みください
メールフォーム→ 『茶羽根ポスト』

カウンター
リンク
検索フォーム
カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
  1. 無料アクセス解析