文学フリマに行ってきた

ども、鷹尾です。
↓の記事でちんすこう持ってる人です。
今回はタイトルを素直にしてみました。
はいそうです、文学フリマに行ってきました。
小雨降りしきる中、僕と清洲とチョコとウサギの4人でホテホテと。

文学フリマたぁなんぞや、と聞かれれば、「コミケが3大祭りだとすると、文化祭って感じ」としか答えられません。
僕は長年オタクやってますがイベントに行くのはこれが初めて。なのでかなり丁度良い塩梅。
『文学』だと言い張れば何でもアリのバーリトゥード状態なのにも関わらず、会場内は非常に穏やかな雰囲気でした。

bfree.jpg
開場直後はこんな感じでしたが、午後になって一気に人が増えました。
とは言え生憎の雨だったので、例年に比べると遥かに来場者は少なかったでしょうね。
しかし携帯の写メだとナチュラルモザイクがかかりますな。

では何故我々はこんな所に行ったのか。
別段急激に文学に目覚めて、明日の都知事を目指したいワケじゃござーません。
以前の記事でもちょびっと書きましたが、
今年の茶羽根はDVDだけでなく小説なども出版しちゃおうという計画が進行中なのです。
その足がかりとして、年末に行われる次回の文学フリマ出店を目指し視察に訪れた、というこって。
コミケのお手伝いや委託販売等々の経験はあれど、自分達でスペースを確保するのは未だ経験が無いので、
ディスプレイ方式や、本の装丁・種類、値段の相場などを一から調べておこう、と考えたのであります。
その甲斐あって、かなり勉強になりました。
見た目はただのコピー誌っぽいのから、ガチでラノベっぽい装丁のものまで幅広く、
果てはマッチ箱の中に絵本が入ってますというものまで多種多様。
アイディア次第でいくらも面白いものが作れそうです。
参加者も大学のサークルから妙齢の殿方まで幅広い世代の方が自己表現を行っており、、
じゃあ何やっても大体オッケーじゃん
と間違った考えに行き着いたりもしたけれど、私は元気です。
この中で目立つなら我々は、○んこ太郎の全身にお経を書いて練り歩かせる「耳なし芳一文学」を目指しなきゃいけませんな。
・・・あーでも今年はもう警察のご厄介になるのは止めておきます。
じゃ、無かった事に。


ギリギリの生活を送っている僕は残念なことに、ただの一冊も購入することは無かったのですが、
その他のメンバーはそれぞれ興味のあるジャンルの作品を買った模様。
そちらについては他の誰かがレポートしてくれるでしょう。な、清洲?
でもちゃんと見本誌の立ち読みでかなりの量読破したよ。
A.ただの迷惑な客です。

ともあれ、劇団茶羽根の年末に御期待下さい。

テーマ : 今日の日記
ジャンル : 日記

イベント情報
【コミックマーケット95】

2018.12.29
西た22a『劇団茶羽根』でサークル参加予定です。


【おしらせ】
JOYSOUND|"ゴッド清洲"の曲一覧
2015.7~
ゴッド清洲(ex こっせつ汁)参加オリジナル曲のカラオケが『JOYSOUND MAX』および『JOYSOUND f1』にて配信中です。
カテゴリ
最新記事
プロフィール

チャバネゴキブリ

Author:チャバネゴキブリ
 
ウサギ / 行け!清洲昇吾 / うんこ太郎
チョコの人 / 鷹尾 / チャパ / リッキー
feat.非路行 & kata

以上7+2人の♂でお送りします

自己紹介→ 最初にお読みください
メールフォーム→ 『茶羽根ポスト』

カウンター
リンク
検索フォーム
カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
  1. 無料アクセス解析